インクジェットシート

インクジェットシートをご案内しても「それって何?」と言われることが多いです。
あまり知られていませんが、インクジェットシートは実は世の中のいたるところで使われています。
例えば路面店舗や商業施設の店舗のガラス、飲食店のおしゃれな壁紙、看板などです。

インクジェットシートは店舗や会社をアピールする上で非常に重要な役割を果たします。
当社にお任せいただければ美しい仕上がりを実現いたします。

インクジェットシートで他社とは違うアピールをしてみませんか?

カッティングシートとインクジェットシートの違い

■カッティングシート

コンピューターに読み込んだデータを使ってシートを作成した後、プロッターと呼ばれる機械でいらない部分を除去します。
文字やデザインのサンプルを事前に見ることができるため、イメージと実際の出来上がりの違いを確認できるメリットがあります。
一方、使用する色の多い写真やグラデーションを使ったデザイン、複雑な形状のデザインの表現は難しいといったデメリットがあります。

■インクジェットシート

大判のプリンターでデザインをシートに印刷するので、凹凸のあるものや透過性を持つものにも施工することができます。
また、非常に豊かなデザインを表現することができるので、写真やグラデーションを使った複雑なデザインも実現することができます。

たとえばこのような場所に施工できます

■看板

光を透過するシートを使用するので電飾を用いた看板にも施工することができます。

■ガラスドア

多彩な色でデザインを表現することができますので、思い通りのデザインを実現できます。

■壁紙(オリジナルクロス)

壁の一部または全体にオリジナルのデザインが印刷されたシートを施工することでどこにもない壁面を表現できます。

ダイノックシート、ガラスフィルムの施工、求人のことならRelief

【TEL】080-3506-6568
【所在地】大阪府八尾市楠根町3丁目35-2
【メール】お問い合わせ≫
【対応エリア】大阪市、八尾市を中心に関西一円

一覧ページに戻る